閉じる

ニュース・フラッシュ

2009年10月26日 バンクーバー 大野隆幸

米:FCX、2009年Q3業績を発表、大幅増益

 2009年10月21日、FCX(Freeport-McMoRan Copper and Gold社(本社、AZ州Phoenix)は、2009年Q3において大幅な増益を発表した。Q3における増益は、金属価格の高騰と経費削減の効果によるものである。また、FCXは、取締役会で、2009年通年で銅と金の生産量目標を増やすこと、年次配当金を復活させ、四半期分の配当金を1株当り0.15US$とし、2010年2月1日に配当予定であるとした。この発表は、2008年同期比程度と予想していた大方の市場関係者の予想を良い意味で裏切ったものとなった。売上高は4,140百万US$(前年同期4,620百万US$)と減少したが、純利益は925百万US$(前年同期523百万US$)と増益となった。また、配当金は2.07 US$/株(前年同期1.31 US$/株)で増配となった。

ページトップへ