閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2009年10月27日 サンティアゴ 菱田 元

チリ:Anglo Americanの2009年Q3銅生産量は対前年同期比13.4%増

 10月22日付けの地元業界紙等によると、多国籍資源企業Anglo Americanの2009年Q3産銅量は、対前年同期比13.4%増の168,500tとなった。これはチリ首都圏州Los Bronces銅山の鉱石処理量の増強及びチリ第Ⅰ州Collahuasi銅山の粗鉱銅品位と回収率の上昇に起因する。
  Anglo Americanが44.4%権益を有するCollahuasiでは、精鉱輸送パイプラインと積出港の精鉱脱水フィルター設備の問題が解決され、選鉱操業の安定性が改善したと報告書で述べている。
 一方、Los Broncesでは、2009年Q3の採掘鉱石が軟質であったことが粗鉱生産増に繋がった。

ページトップへ