閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2009年10月27日 サンティアゴ 菱田 元

アルゼンチン・ペルー・豪:Xstrataの2009年Q3銅生産量は対前年同期比9.57%減

 10月23日付けの地元業界紙等によると、Xstrata(本社:スイスZug)の2009年Q3産銅量は、アルゼンチンAlumbrera、ペルーAntamina、豪州Ernest Henry各銅山の粗鉱品位低下により、対前年同期比9.57%減の212,173tとなった。
  銅カソード生産量は前年同期の212,635tから181,318tに減少した。同じくXstrata Copper社の産金量は、前年同期の141,478oz(4.4t)から99,336oz(3.1t)に減少した。
  南米でXstrata Copper社が有する操業鉱山・プロジェクトは、アルゼンチンにおいて50%権益を有するAlumbrera銅山とEl Pachon銅山開発プロジェクト、チリにおいてはLomas Bayas銅山(100%)、Collahuasi鉱山(44.4%)Altonorte銅製錬所、ペルーはAntamina銅・モリブデン・亜鉛山(33.8%)、Tintaya銅山(100%)、Las Bambas銅・モリブデン・金プロジェクト、Antapaccay銅・金・モリブデンプロジェクトである。

ページトップへ