閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル コバルト
2009年10月29日 ロンドン フレンチ香織

ロシア:LMEコバルト先物取引開始を目前にロシアのコバルト買いが殺到

 業界誌によれば、コバルト取引業者の間では、LMEのコバルト先物取引開始(2010年2月22日予定)を目前として、Co 99.3%含有製品の長期供給ポジションを確保するため、10月第4週にはロシアのコバルト買いが殺到した。
 その理由は次と見られている:
 [1]Norilsk Nickel製のコバルト地金は、LME契約条件の最低基準品位である99.3%に達しており、(高品位製品に比べて低価格でLME倉庫にデリバリーが可能であるため。
 [2]ロシアのコバルト品位99.3%製品のK1A及びK1aYの取引は資金流動性が高いため。

 しかしながら、この殺到によって、10月28日、Norilsk Nickelのコバルト価格は、20.50 US$/lbに高騰し、これは低品位コバルトの平均価格の2 US$/1b以上、さらに高品位コバルトの価格よりも1 US$/1b高値となった。
 なお 、2009年10月時点では、Vale Incoのみが、LMEコバルト先物取引契約の現物引渡し用の公認ブランドとして登録されている。報道によれば、今後、Norilsk Nickel、住友金属鉱山、Jinchuan、Votorantimなどがブランド登録されると見られている。

ページトップへ