閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2009年11月2日 調査部

中国:白銀有色集団公司、甘粛省で年産20万tの銅カソード能力拡張第二期竣工

 現地情報によれば、白銀有色集団股分有限公司の銅カソード生産拡張プロジェクト(年産能率20万t)の一期工事が竣工した。二期工事と貴金属精製工程は引き続き順次開始される。同公司は、中国中信集団公司の戦略的合作により、このプロジェクトを進めてきた。
 2009年の8か月間で同公司は、銅・鉛・亜鉛の三種について13.68万tの生産実績を上げてきたが、安定的発展を目指し生産規模を不断に拡大してきた。20万t銅カソード生産プロジェクトは同公司による、低コスト技術革新、生産コスト低下、銅溶錬の環境対策、資源の総合利用(貴金属の回収・精製能力向上)などからなる重点プロジェクトとなっている。
 情報によれば、総投資額は、6.54億元(96百万US$相当)で、その内、一期分は4.1億元(60百万US$相当)であり、生産開始は2010年10月とされている。同時に、同公司は、20万tの鉛・亜鉛の採鉱・選鉱工程の技術改良中の他、更に2年以内に年産20万tの銅溶錬工程の新規建設を計画している。これらにより白銀有色集団公司の銅・鉛・亜鉛の年産能力は、計65万tに達する予定である。

ページトップへ