閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
チタン レアメタル
2009年11月10日 サンティアゴ 大野克久

チリ:Cerro Blancoチタンプロジェクトのパイロットプラント試験が終了

 11月5日付けWhite Mountain Titanium(本社:Santiago)は、同社がチリ第Ⅲ州に位置し、100%権益を保有するCerro Blancoチタン・プロジェクトの第2段階のパイロットプラント試験が終了したことを発表した。
 本試験は、カナダON州のSGS Lakefield社で高品位ルチル及び酸化チタン回収を目的として実施されたもので、2009年11月末には報告書が完成する予定である。
 Cerro Blancoプロジェクトは、鉱区面積8,255 haの中にLa Cantera、Chascomes、Carolina及びEliの4鉱体が存在し、推定資源量132百万t(品位(TiO2)2.1%、Cut-Off 1.0%)、既測鉱物資源量32.9百万t(品位(TiO2)2.3%、Cut-Off品位 1.0%:JORC準拠)で、2010年半ばまでにBankable FSを終了させる計画である。
 本プロジェクトでは、当初品位94.5%の酸化チタン精鉱100千t/年、本格稼働時には200千t/年の高純度ルチルを生産する計画である。
 本プロジェクトが操業に移行すると、チリ初のチタン鉱山となる。

ページトップへ