閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2009年11月17日 サンティアゴ 菱田 元

チリ:Quadra社Franke銅山で2009年Q3に銅1,860tを生産

 11月9日付け地元業界紙等によると、Quadra Mining Ltd(本社:加Vancouver)はチリ第Ⅱ州で2009年8月より操業を開始したFranke銅山から2009年Q3に1,860tの銅カソードを生産したと発表した。Franke鉱山はQuadra社が2009年4月にCentenario Copper社を買収した際に獲得した鉱山で、硫酸を大量に必要とする等の操業上の問題により操業開始が何度も延期されていた。
 Quadra Miningによると、Q4に2,722~3,629tの銅生産を達成してフル生産に持っていけるよう生産能力を拡張中で、2010年は29,484tの銅を生産する予定である。
 Quadra Miningは同じくチリ第Ⅱ州で開発するSierra Gorda銅プロジェクトのプレFSを2009年7月に終了し、マインライフ25年、年産銅量が138,802t、モリブデン7,258t、金1.12t、初期設備投資額 16.6億US$、銅換算キャッシュコスト0.79 US$/lbとの計画を発表した。
 同社の2009年Q3の収益は対前年同期の20.8百万US$から14.7百万US$に29.3%減となった。同社はチリ以外では米国にRobinson(NV州)とCarlota(AZ州)の2つの銅山を操業している。

ページトップへ