閉じる

ニュース・フラッシュ

2009年11月17日 バンクーバー 村上尚義

米:Denison Mines社、AZ州Arizona 1ウラン鉱床の生産計画を発表

 Denison Mines社(本社:加Toronto)は11月10日、米AZ州北部中央に位置するArisona 1ウラン鉱床の生産計画を発表した。
 Arisona 1ウラン鉱床はブレッチャーパイプ型ウラン鉱床で、Denison Mines社が権益100%を所有している。資源量72千t、U3O8品位 0.66%で、未だ深部方向に探鉱余地を残す。操業は坑内掘で、粗鉱生産量335t/日を計画している。総U3O8生産量は857千lb(389t)の見込みで、2010年に156千lb(70.8t)、2011年に461千lb(209.1t)、そして2012年には240千lb(108.9t)のU3O8を生産する予定である。
 本プロジェクトは、比較的低く初期投資額は2.3百万US$とインフラが整っているため見積もられており、操業コストは30.5US$/lbである。開発・操業に要する許認可は取得済みで、生産開始は2010年Q1を予定している。
 Denison Mines社は、カナダSK州Athabasca Basin、米国CO州、UT州及びAZ州にウラン鉱区を所有すると共に、北米4か所のウラン選鉱場の内、2か所の権益を保有している。

ページトップへ