閉じる

ニュース・フラッシュ

2009年11月20日 シドニー 原田富雄

豪:Iluka Resources社、SA州のジルコン鉱山の生産を開始

 2009年11月19日、豪ミネラルサンド大手のIluka Resources社(本社:WA州Perth)は、SA州Eucla Basinで開発を進めてきたJacinth-Ambrosiaジルコン・プロジェクトの生産開始を発表した。2010年には年産30万tに達することが見込まれ、これは世界のジルコン需要の1/4相当量となる。同社はVIC州に有するMurray Basin 2プロジェクトから年産11万tのジルコンの生産を始めたばかりで、同社はジルコン市場への供給過剰を考慮して、ジルコン市況が回復するまで利ざやの低いWA州のEneabba鉱山及びキルン炉の操業を棚上げしている。なお、Jacinth-Ambrosiaジルコン・プロジェクトの概要は次のとおりである。
 ・資源量:9.5百万t(ジルコン、イルメナイト、ルチル)
 ・埋蔵量:6.5百万t(ジルコン、イルメナイト、ルチル)
 ・組 成:ジルコン50%、イルメナイト28%、ルチル5%
 ・マインライフ:少なくとも2020年まで
 ・生産計画:ジルコン2.8百万t(1年)、イルメナイト1.5百万t(1年)、ルチル0.35百万t(1年)

ページトップへ