閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2009年11月24日 北京 土居正典

中国:江西銅業集団、アフガニスタンAynak銅鉱床開発設計段階へ

 安泰科によると、江西銅業集団公司(Jiangxi Copper Corp.)は、中国冶金科工集団(China Metallurgical Group.、以下“MCC”)と共同で開発を進めるアフガニスタンAynak鉱床開発が国家発展改革委員会により認可され、設計段階に入ったと発表した。江西銅業集団公司は25%の権益を所有し、総投資額は43億US$(約4,618億円相当)で、11億US$が既に投入されている。中国にとって当該プロジェクトは、これまでの最大規模の海外投資開発プロジェクトとなる。
 2011年までに操業開始の予定で、第1期工事完成後の年産量は18万t(金属量)、第2期工事完成後の年産量は32万t(金属量)に達する見込み。現状の確定埋蔵量は11百万t(金属量)で中国の銅鉱確定埋蔵量の3分の1以上に達する規模とのことである。

ページトップへ