閉じる

ニュース・フラッシュ

2009年12月4日 バンクーバー 村上尚義

加:BC州Gibraltar鉱山の権益取得に関し、Taseko Mines社と双日(株)は同意書を締結

 Taseko Mines社は11月30日、同社がBC州に所有するGibraltar銅・モリブデン鉱山に関し、双日(株)とJV形成の同意書を交わしたと発表した。
  本同意書では2010年早期にJVを立ち上げることになっており、双日(株)は約180百万C$をTaseko Mines社に支払い、Gibraltar銅・モリブデン鉱山の権益25%を取得する。なお、JV形成後も同鉱山の権益75%を保有するTaseko Mines社がオペレ-ターを続ける。
  Gibraltar銅・モリブデン鉱山は、2008年に銅34.9千t、モリブデン381tを生産し、キャッシュコストは1.18 US$/lbであった。また、2010年末までに、年産能力を銅52.2千t及びモリブデン 635tに拡張する予定。同鉱山の鉱量は次のとおり。

 

Gibraltar銅・モリブデン鉱山鉱量(2008年12月31日時点)

カテゴリー

鉱量
(百万t)

平均品位

金属量

Cu (%)

Mo (%)

Cu (百万t)

精測+概測鉱物資源量

959

0.298

0.008

2.59

推定+確定埋蔵量

472

0.315

0.008

1.36

  ※カットオフ品位Cu 0.20%
  ※マインライフ25年以上を予定

ページトップへ