閉じる

ニュース・フラッシュ

2009年12月7日 バンクーバー 大野隆幸

加:Kinross社は、アメリカ大陸の資産に注目、中国を敬遠

 Kinross Gold社(本社Toronto、以下”Kinross社”)のCEOは、地元紙等(2009年12月2日)の取材に対し、南北米、ロシア、ガーナの鉱業資産買収の可能性に言及した。この背景には、ベネズエラ、中国、インドネシア、PNGなどの国は、政治的リスクや安全保障上リスクが高く、米大陸、ロシア東部のKupol金山周辺域、ガーナなどで操業することによりリスクを最小化できるとしている。

ページトップへ