閉じる

ニュース・フラッシュ

2009年12月14日 リマ 山内英生

ペルー:Doe Run Peru社、La Oroya製錬所操業再開計画を鉱山省へ提出

 Doe Run Peru社のMogrovejo環境対策部長は、資金繰り悪化で操業停止中のLa Oroya製錬所に関して、エネルギー鉱山省及びOSINERGMIN(エネルギー鉱業投資監督庁)に対して操業再開計画を既に提出したことを明らかにした。また、操業再開のための融資及びPAMA(環境適正化計画)に必要となる資金の確保に関する計画書を年内にエネルギー鉱山省に提出すると述べた。
 更に、同部長は、同製錬所操業再開に関して、現時点では亜鉛その他の精鉱を製錬所へ供給する企業を確保出来ていないものの、融資問題が解決すれば供給は得られるとの見方を示した。

ページトップへ