閉じる

ニュース・フラッシュ

2009年12月14日 メキシコ 小島和浩

メキシコ:2009年の主要精錬所・鉱山ストによる損害額は32億US$

 メキシコ鉱業会議所(Camimex)の発表によると、PeñolesのTorreón精錬所、Grupo MéxicoのCananea銅山、Sombretete鉱山、Taxco鉱山の2009年のストによる損害額の合計は32億US$に上った。また、2009年のメキシコ鉱業部門への投資額は前年実績の26%減、27億US$に留まるが、鉱業生産額は前年並み(105億US$)を維持する見込みである。

ページトップへ