閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル マンガン
2009年12月21日 ジャカルタ 小岩孝二

インドネシア:マンガン鉱山開発の弊害に直面する東Nusa Tenggara州

 地元紙等によると、東Nusa Tenggara州では232企業と数千に及ぶ個人により、マンガン採掘が行われている。これら採掘者が採掘跡の修復を行わないため、森林、農園等に影響が及んだ結果、住民生活も深刻な状況となっていると報じている。また、採掘の際のマンガンを含有する粉塵による健康被害や、住民自身も農地にマンガン鉱床があれば耕作を放棄して採掘を行っており、農業生産の低下も懸念されている。法規が整っていないため適切な規制は困難とのことである。

ページトップへ