閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
鉄鉱石
2010年1月5日 サンティアゴ 菱田 元

チリ:中国企業が鉄鉱石鉱山開発に20億US$投資

 12月30日付け地元業界紙等によると、中国系Shunde Rixin(順徳日新発展有限公司)とMinmetals(中国五鉱集団公司)は、メジャー企業への鉄鉱石依存度を減らすため、チリの鉄鉱石鉱山開発に19~22億US$の投資を計画している。
 Wall Street Journal紙によると、Shunde Rixinは同プロジェクトに70%投資し、Minmetalsは子会社Minmetals Zhuhai(中国五金砿産進出口珠海公司)社を通じて開発に協力するが、このJVに資金提供はしない。「我々は貿易契約の一環として鉄鉱石の販売をサポートする」とMinmetals社広報担当者は述べた。
 Shunde Rixinは、チリ第Ⅲ州Vallenar近くに埋蔵量約50億tの鉄鉱石鉱山開発プロジェクトの70%権益を12月28日の週に獲得した。同社会長Li Zihao氏によれば、この鉱山は2012年まで少なくとも30百万t、2014年以降は毎年120百万tの鉄鉱石を中国に供給し、同量は中国の現在の需要の三分の一に相当する。
 チリEl Mercurio紙によると、このプロジェクトの探鉱権譲渡者は別の中国系企業で、譲渡額は10百万US$とのことである。
 中国は鉄鉱石の大消費国であるが、世界の鉄鉱石生産の大部分を占めるVale、BHP Billiton及びRio Tintoに依存している。

ページトップへ