閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2010年1月5日 調査部

中国:江西銅業集団、5億元を投資して城門山鉱山の二期拡張工事着工

 現地報道によると、江西銅業集団城門山銅山の第二期拡張工事が九江市で着工した。投資額は5億元(73百万US$相当)で、2010年中に完工予定である。
 城門山鉱山は江西省九江市の西南18 kmに位置する国内でも大型鉱山の一つであり、銅・イオウが豊富で、モリブデン・鉄・亜鉛が共生し、金・銀・レニウム・タリウム・セレンなどが随伴する多金属鉱床で、資源量は2.2億tである。
 江西銅業集団は、既に900千tの電気銅年産能力を有しているが、現状の自山鉱原料での年産量は160千t(18%)に過ぎない。城門山鉱山の二期工事が完工すれば、同集団は精鉱自給率を向上させることができる。

ページトップへ