閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2010年1月12日 北京 土居正典

中国:江西銅業集団公司、城門山銅山を拡張

 安泰科によれば、江西銅業集団公司傘下の城門山銅山は、第2期拡張工事を開始した。工事は2010年完了の予定で、銅鉱石生産 (金属量ベース)は年間6,000 tから14,800 tに増加する見込みである。
 城門山銅山は江西省九江市の西南18 kmに位置し、国内で確認された18か所の大規模銅鉱床及び9か所のレアメタル鉱床の一つであり、銅・硫黄を主とし、モリブデン・鉄・亜鉛・金・銀・レ二ウム・タリウム・セレンなど希少金属を随伴する大規模多金属鉱床であり、埋蔵量は2.2億t、含有銅量165万t、硫黄3,768万tである。これにより品位Cu 0.75 %、S 17.1%と計算される。
 また同集団傘下の江西銅業株式有限公司の2009年精製銅生産量は、80万tの計画を達成した。

ページトップへ