閉じる

ニュース・フラッシュ

2010年1月13日 リマ 山内英生

ペルー:Solitario Explioration社、Bongaraプロジェクト探鉱継続を表明

 Solitario Exploration & Royalty社(本社:米CO州Wheat Ridge)は、Votorantim Metais社(本社:ブラジルSan Paulo)と共にBongara亜鉛プロジェクト(Amazonas県)における新たな探鉱を実施し、2011年にはFSを実施する意向を示した。
 Solitario社によれば、Votorantim社は2010年にアクセス道路建設開始の予定のほか、ボーリング調査(1万m)などを実施する計画である。現在、同社は社会リスク影響評価をリバイス中のほか、文化遺産保護地域における活動許可証その他の取得手続を行っており、2010年の活動日程はこれらの許可取得状況によって決定される見通しである。
 Votorantim社は、18百万US$の探鉱・開発費に加え、Solitario社に対して年間20万US$を支払うことでBongaraプロジェクトの権益70%を取得するオプションを有している。

ページトップへ