閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル 亜鉛
2010年1月18日 ロンドン フレンチ香織

ブルキナファソ:Glencore、Perkoa亜鉛探鉱プロジェクトへJV参画

 Glencore(スイス)は1月12日、AIM上場のジュニア探鉱会社Blackthorn Resources(本社:豪Sydney)と基本合意書を締結し、ブルキナファソのPerkoa亜鉛プロジェクトの最終段階の開発事業に、プロジェクト出資及び融資の形態で、推定72百万US$を投じるよう決定した。現時点では、商業的な契約条件は非拘束であるが、Glencoreは、本投資によって、同プロジェクトの権益50.1%を獲得することとなり、また、同プロジェクトからの全てのベースメタル鉱石を独占的に購入する権利が与えられる。また、本契約によって、同JVプロジェクトの経営者はGlencoreが任命し、Blackthorn社は権益39.9%を保持することになる。なお、今後、本JV契約の詳細条件は、Glencoreによるdue diligence及びステークフォルダー承認によって、決定される予定である。
 Perkoaプロジェクトの開発は、当初は2010年12月頃に操業を開始する予定であったが、亜鉛価格の低迷により2008年7月に開発が一時休止された。現在は、2011年のQ1に生産が開始する予定となった。なお、Perkoa亜鉛鉱床の埋蔵量(JORC規程)は、6.3百万t、品位Zn 13.9%で、粗鉱生産能力60千t/月で稼動した場合、9.5年以上のマインライフが見込まれている。また、亜鉛の回収率は92%、精鉱品位はZn 53%と発表されている。

ページトップへ