閉じる

ニュース・フラッシュ

2010年1月18日 ジャカルタ 小岩孝二

ベトナム:中部高原ボーキサイト開発、副首相が環境報告書の迅速処理を指示

 地元紙等によると、VINACOMIN (Vietnam National Coal-Minerals Industries Group:ベトナム石炭鉱物産業グループ)が進めているLam Dong省Tan Rai及びDak Nang省Nhan Coの両ボーキサイト開発・アルミナ精錬プロジェクトについて、Hoang Trung Hai副首相は天然資源環境省に対し、提出されている環境報告書を迅速に処理、承認するように指示した。この指示は、両プロジェクトの進捗状況に関する商工省から政府への報告の後に出されたもの。商工省からの報告によると、2010年10月生産開始を目指しているTan Raiプロジェクトの工事進捗率は2009年9月時点で41%であり、現地補償として、立退きを要する730世帯用にVINACOMINが移転先施設を建設し90億VND(ベトナム通貨“dong”、約49万US$)を提供、少数民族用に34億VNDをかけて41戸のアパートを建設した。Le Duong Quang商工副大臣(VINACOMIN会長を兼務)は、両プロジェクトの環境影響評価報告書は作成済みであるものの、Tan Raiプロジェクトのアルミナ生産能力を300千t/年から600千t/年に拡張するため環境報告書を再提出したとしている。一方で、Nguyen Minh Triet大統領は、これらのプロジェクトは国家開発のために重要であるが、環境保護を重視し最適な採掘、製錬方法を採用するよう求めている。

ページトップへ