閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2010年1月19日 サンティアゴ 大野克久

パキスタン:Reko Diq銅・金プロジェクト開発停止の可能性高まる

 1月13日付け一般紙等によると、Antofagasta Minerals(英)とBarrick Gold(加)がパキスタンBalochistan州で実施中のReko Diq銅・金鉱床探鉱プロジェクトについて、同州政府議会は、両社が提示した外国投資保護協定案を拒絶した。
 Antofagasta Minerals幹部によると、協定案には同州政府が保有する本プロジェクトの25%株式を減少する代償として本プロジェクトからの利益分与率を高める内容及び本プロジェクトに関連した鉄道、道路、送電網等の社会インフラ投資額に対する見解の相違によって拒絶されたことを明らかにした。
 同社幹部は、開発許可申請に必要となるFSを2010年5月に終了の見込みであるが、協定案拒絶を受け、パキスタンの石油天然資源省は、本プロジェクトの開発許可を付与しないであろうとコメントした。
 同プロジェクトでは、粗鉱処理量72千t/日(品位Cu 0.8%)でSxEwカソードで年産150千t(将来的に220千t/年の拡張も検討)の計画である。

ページトップへ