閉じる

ニュース・フラッシュ

2010年1月26日 サンティアゴ 菱田 元

チリ:CODELCO、第Ⅱ州での探鉱ボーリングのEIAを提出

 1月22日付け地元紙等によると、CODELCOは、チリ北部第Ⅱ州の探鉱ボーリング計画のEIA (環境影響評価書)をConama(環境委員会)に提出した。EIAによるとエンジニアリング、ボーリング機器類、付帯工事費、コア調査費を含む探鉱ボーリングの見積額合計は84.6百万US$で、3年間で170名の人員を雇用する。
 CODELCO Norteディビジョンによるこの3年計画の探鉱ボーリングは、Mina Ministro Hales(MMH)鉱山及びその周辺での鉱量を増やすのが目的で、2010年3月初旬に開始予定である。

ページトップへ