閉じる

ニュース・フラッシュ

2010年2月2日 サンティアゴ 菱田 元

チリ:CODELCOとBHP Billitonが鉱業サービス提供産業の発展に協力していくことで合意

 1月28日付け地元紙等によると、CODELCOとBHP Billiton(以下“BHPB”)は、チリの鉱業サービス提供産業がサービスと技術輸出において世界的レベルに到達するよう、それら産業の発展に協力していくことで合意した。
 この合意は約250~500の鉱業サービス提供企業に、2020年までに全世界にサービスを提供できる能力を持たせることが目標で、1月25日の週にCODELCOとBHPBの両社が合意文書署名のセレモニーを行った。
 CODELCO Jose Pablo Arellano総裁とBHPBベースメタル部門Diego Hernandez社長は、鉱業サービス提供企業をバックアップしていくことで、チリが世界の銅市場でリーダーシップを取り続けるであろうことをお互い合意した。
 現在、チリには約4,500の鉱業サービス提供企業がある。「それらのあるグループは世界レベルに達する潜在力を有しているが、それを実現するには21世紀の鉱業が求めていることを解決する努力をしなくてはならない」とHernandez氏は語った。
 この合意では2010年に40の新規及び改良のプロジェクトの展開を目標としており、CODELCOとBHPB及びチリの潜在力の高いサービス提供企業と共同で実施する。最初のプロジェクトでは、水処理、人材資源、自動化とロボット、エネルギー、リーチング等の分野に焦点を当てる。
 この事業がイニシアティブをとるためには、次の2点を満たす必要がある。一つはサービス提供企業の請負業者としての価値を上げること、もう一つはサービス提供企業の技術革新と管理の能力を高め、チリのサービス提供企業と世界のサービス提供企業のギャップを埋めることである。

ページトップへ