閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2010年2月2日 北京 土居正典

中国:2009年産金量313.98tで過去最高

 中国黄金協会の発表によると、2009年の国内における産金量は313.98t(前年比11.34%増)で過去最高で、3年連続で世界一となった。産金量の多い省は、山東省、河南省、江西省、福建省、雲南省の順で、これら5省で全国の59.48%を産出した。
 協会によると、国内産金量は1949年にはわずか4.07tであったが、1995年に100tを超え、2003年に200tを達成した。また全国の金生産企業の多くは小規模で、2002年には1,200以上あったが、2009年には700程度となっている。

ページトップへ