閉じる

ニュース・フラッシュ

2010年2月2日 リマ 山内英生

ペルー:Tia Mariaプロジェクト、住民反対の中で環境影響評価承認を目指す

 地元紙等は、Southern Copper社が2010年Q1末までにTia Mariaプロジェクト(Arequipa県)のEIA(環境影響評価)に対する承認を取得したい意向である旨を伝えた。
 同社は2月15日に住民に対してEIAに関する説明会を開催し、懸案となっている水資源確保の方法などを説明する見通しである。
 一方、Arequipa県Islay郡の住民らはTia Mariaプロジェクト反対を訴えるため、2月10日にリマでデモ行進を実施する計画である。
 同社はこれまでに、Tia Mariaプロジェクトに対して280百万US$(予定投資額934百万US$)を投資している。現在は、詳細な土木設計作業のほか、基礎建設やアクセス道等の初期工事が行われている。

ページトップへ