閉じる

ニュース・フラッシュ

2010年2月8日 ジャカルタ 小岩孝二

インドネシア:PT Antam、2009年生産実績は対前年比大幅減、2010年は増産へ

 PT Antamは、2009年Q4の生産実績を発表した。FeNiがPomalaa FeNi製錬所3号炉の運転再開により対前四半期比1,278t(49%)増の3,873t(Ni 純分、以下“同”)、Ni鉱石が同522千t(30%)減の1,222千tとなった。2009年を通してはFeNiが対前年比5千t(29%)減の12.6千t、Ni鉱石が同790千t(12%)減の5,782千tとなった。2010年は18.5千tのFeNi生産を計画している。2008年以降、四半期毎の生産実績は下表のとおり。

  2008 年 2009 年
Q1 Q2 Q3 Q4 合計 Q1 Q2 Q3 Q4 合計
FeNi
(Ni 純分量 :t)
4,362 4,152 5,512 3,540 17,566 3,296 2,786 2,595 3,873 12,550
Ni 鉱石 2,351,067 1,878,403 1,076,873 1,265,421 6,571,764 1,058,350 1,777,075 1,744,373 1,222,282 5,782,080
High Grade
(Ni 品位 2 %超 )(wmt)
996,297 1,258,111 815,413 957,699 4,027,520 554,774 913,206 1,007,869 866,822 3,322,671
Low grade
(Ni 品位 2 %以下 )(wmt)
1,354,770 620,292 261,460 307,722 2,544,244 503,576 863,869 736,504 355,460 2,459,409
金 (kg) 935 577 561 761 2,833 715 644 587 681 2,626
銀 (kg) 7,633 5,734 5,162 6,820 25,348 6,250 5,544 5,589 5,206 22,589
ボーキサイト (wmt) 181,141 339,286 511,379 120,516 1,152,322 265,971 67,095 363,522 86,509 783,097
注 ) 合計は Antam の個別データで作成している為、必ずしも一致しない。
ページトップへ