閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2010年2月9日 サンティアゴ 大野克久

チリ:Antofagasta Mineralsが2009年銅生産量を発表

 2月3日付け Antofagasta Mineralsのホームページに2009年銅生産レポートが掲載された。同社の2009年銅生産量は442.5千t、2008年の477.7千tから7.4%減少しているが、これはLos Pelambres鉱山の鉱石硬度増加に伴う鉱石処理量減が主原因と報告されている。
 なお、モリブデン生産量は7.8千tで2008年と同量生産を達成している。これは、Los Pelambres鉱山の鉱石処理量は減少したものの、鉱石中のモリブデン品位増加及び選鉱実収率改善によるものと併せて報告されている。
 同社全体の銅生産キャッシュコストは、96.3¢/lbで2008年の87.3¢/lbより10.3%増加、これは主としてモリブデン価格下落(2009年Av.:11.1 US$/lb、2008年Av.:28.9 US$/lb)によるもので、銅のみの生産キャッシュコスト120.3¢/lbで2008年の129.3¢/lbから7.0%減少している。

ページトップへ