閉じる

ニュース・フラッシュ

2010年2月9日 サンティアゴ 大野克久

チリ:CODELCOが自社製品のREACH登録手続を開始

 2月5日付けCODELCO発表によると、同社は1月27日に欧州銅協会(ECI: European Copper Institute)を通じて、自社製品のREACH登録手続を開始した。
 REACHは、人間の健康や環境保護を目的としてEU域内の化学物質政策を規制化しているもので、2007年6月1日に施行された。
 この規制では、EU域内で1t以上の化学物質を生産もしくは輸入する場合には、欧州化学物質庁(ECHA:European Chemicals Agency)への申請、登録が義務づけられるもので、ECHA内での分析の他、化学的な課題等について調査され、承認如何が確定する。本登録を行わないと2011年1月1日よりEU域内での販売が不可能となる。
 今般、CODELCOではLMEグレード銅の他、16品とモリブデン及びレニウムから製造される予定の2品の登録手続を行った。
 今後、ECHA内での分析、調査には6か月程度の期間が必要となることから、2010年後半にはECHAより承認される予定とのことである。

ページトップへ