閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
鉄鉱石
2010年3月5日 シドニー 増田一夫

豪:WA州政府、Pilbara地域に新しい鉄鉱石積出港の開発計画を発表

 2010年3月4日、WA州のColin Barnett首相は、WA州の鉄鉱石輸出の更なる拡大に向け、WA州Pilbara地域に新しい鉄鉱石積出港の開発計画を発表した。候補地はKarrathaの東約30 kmに位置するAnketellでCape Lambert港からは10 km離れている。開発されれば、Pilbara地域で4番目、また、1970年以降で初の積出港開発となる。年間350百万t以上の積出能力を備え、敷地面積は1,400 ha以上となる計画で、2015年の開港に向け、WA州政府は今後3年間で3.5百万A$(3.2百万US$相当)を投じて計画策定と、契約書(Industrial Precinct Development Agreement)の作成を行う。また、出資見込企業として、West Pilbara Iron Oreプロジェクトを保有するAPI Management Pty Ltd.(Aquila Resources Ltd.(本社:豪Perth)とAMCI Holdings Australia Pty Ltd.(Valeの100%子会社))、Solomon Iron Oreプロジェクトを保有するFortescue Metals Group Ltd.(本社:豪Perth)、Cape Lambert Iron Oreプロジェクトを保有する中国治金科工集団公司(China Metallurgical Group Corp.)の名前が挙がっている。

ページトップへ