閉じる

ニュース・フラッシュ

2010年3月6日 リマ 山内英生

ペルー:鉱業協会会長、ペルー鉱業に対するチリ地震の影響を否定

 SNMPE(ペルー鉱業石油エネルギー協会)は、「チリで発生した大地震により、チリ向けに輸出されるペルー産の鉱産物や化学品の需要が減少する」との全国産業協会の見解を否定した。
 SNMPEのFlury会長は、チリに輸出される主な鉱物はモリブデンだが、短~中期的に、輸出が停止される兆しや見通しはないとの考えを示したほか、チリ国境に近いペルー南部の鉱山においても生産やチリ向け輸出への影響は全く見られないと説明した。

ページトップへ