閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2010年3月16日 シドニー 原田富雄

豪:中国のChina Sci-Tech Holdingsは銅山を買収

 2010年3月12日、豪州及び西アフリカのシエラレオネで鉄鉱石開発を行うCape Lambert Resources(本社:WA州Perth)は、NT州に所有するLady Annie銅山を、香港株式市場に上場するChina Sci-Tech Holdings(以下“CST”)に135百万A$で売却することに合意したと発表した。売却には露天掘鉱山の他にヒープ・リーチング施設も含まれるが、CSTによる今回の買収には豪州外国投資審査委員会(FIRB)及び、株主の承認が必要となる。
 2009年9月末時点における香港株式市場の中間報告によれば、CSTの投資資本は約337百万A$となっており、この1年間における資源分野における投資は、OZ Mineralsが所有していたインドネシアMartaba金・銀プロジェクトの買収(買収額211百万US$)、カナダのChariot Resourcesが南米ペルーに所有するMarcona銅山の70%の権益取得(取得額約244 Cn$)がある。

ページトップへ