閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル 亜鉛
2010年3月17日 調査部 渡邉美和

中国:株洲冶煉集団公司、中国で最大の鉛・亜鉛合金供給企業へ

 3月16日の現地報道によると、株洲冶煉集団公司(以下『株冶集団』)は年産能力50万tに達し、中国最大の鉛・亜鉛合金供給企業へ躍進した。全国で最高級の効率を有する1,200 kW亜鉛電炉の年初の生産投入に続き、全自動生産ラインが最近完成し、試運転が行われていたが、この度、正式に電気亜鉛の生産が開始された。これにより、生産能力は20%増強され、亜鉛地金生産量で8万t増加となった(現年産能力40万t)。
 11次五か年計画以来、株冶集団は積極的に製品構成調整を実施し、自らの持てる鉛・亜鉛技術を主業に据えながら、付加価値の向上を目指しつつ、規模を拡大してきた。2009年、同集団の鉛・亜鉛合金加工産品比率は68%となっている。現在、同集団の、溶融亜鉛めっき用亜鉛合金の中国国内市場占有率は50%以上となった。

ページトップへ