閉じる

ニュース・フラッシュ

2010年3月23日 サンティアゴ 菱田 元

チリ:CODELCO、Barquito港の民営化を検討

 3月16日付けチリ地方紙等Chañarcilloによると、チリ国会議員Carlos Vilches氏は、チリ北部第Ⅲ州Chañaral市において、新規投資を受入れ、港の改良を目的としてBarquito港の民営化が検討されるであろうと述べた。Barquito港はCODELCOが所有し、Salvadorディビジョンの銅積出港として使用されている。
 Vilches議員は、Barquito港の使用がCODELCOのコスト増大に繋がるため、港の使用を止め、Salvadorディビジョンの生産物を第Ⅱ州Antofagasta港まで陸送してそこから輸出する計画があるとの噂を否定した。
 CODELCO Salvadorディビジョンの代表、地方組合、Barquito港の管理と操業を請け負っているAgemar、下院議員らによる会合が週末に開かれ、Barquito港の引き続く使用が確認されたとVilches議員は述べた。

ページトップへ