閉じる

ニュース・フラッシュ

2010年3月23日 サンティアゴ 菱田 元

チリ:鉱業部門は2009年GDPの15.6%を占める

 3月18日付け地元紙等によると、チリ中央銀行は2009年のチリGDPに占める鉱業部門の割合は15.6%で269億US$に上ると発表した。
 2008年と比較すると、銅鉱業は安定していたが、主として鉄鉱石生産が減少したため、鉱業部門全体のGDP(269億US$)は対前年(273億US$)比1.4%の減少となった。
 2009年のチリ名目GDPは対前年比1.5%減少となったが、2009年Q4は対前年同期比で2.1%の増加を示した。

ページトップへ