閉じる

ニュース・フラッシュ

2010年3月29日 ロンドン フレンチ香織

カザフスタン:住友商事、Kazatomprom公社とレアメタル回収事業に向けて合併会社を設立

 住友商事(株)は3月24日、Kazatomprom (カザフスタンの国営原子力公社)と共同で、ウラン鉱残渣からレアアースを回収する合併会社SARECO (Summit Atom Rare Earth Company)を設立したと発表した。これは、2009年8月に、Kazatompromとレアアース回収を目的とした事業合意によるもの。本合併会社の出資比率は、住友商事(株)49%、Kazatomprom 51%である。
 報道によれば、早期にレアアース分離品年産3千tの生産体制を形成し、将来的にはレアアース製品の生産も検討している。また、SARECOは本年中に営業を開始し、Kazatomprom傘下であるウルバ冶金工場の既存設備を活用して、ウラン鉱山の尾鉱からのレアアース回収に向けたプレFSに着手する計画である。

ページトップへ