閉じる

ニュース・フラッシュ

2010年3月29日 ロンドン フレンチ香織

ナミビア:伊藤忠、Kalahari Minerals plc株式取得により、ナミビア新規ウラン鉱山開発プロジェクトに参画

 伊藤忠商事(株)は3月26日、豪州子会社Nippon Uranium Resourcesを通じて、Kalahari Minerals plc(AIM上場、英)の株式15%を取得することで合意した。今回の株式取得で、同社は、Kalahariの筆頭株主となる。
 Kalahariは、ナミビアに所在するRössing South鉱区の権益を100%保有するExtract Resources Ltd.(豪、以下“Extract”)の株式約40%を有する筆頭株主である。なお、ExtractがRössing South探鉱プロジェクトのオペレーターとして、ボーリング調査などを実施してきた。
 Rössing Southは、Rio Tintoが有するRössingウラン鉱山の南7 kmに位置し、世界有数の資源量を誇る大規模ウラン鉱床として、現在はFS実施中である。2010年2月現時点でのExtractが紹介するRössing Southの鉱物資源量は下表のとおりで、2010年Q3に更新される予定である。なお、Extractウラン生産開始は2013年を予定し、フル稼働で年産(U3O8) 6,700t/年を目標としている。

Rössing Southの鉱物資源量合計 (U3O8カットオフ品位100ppm)
鉱区 カテゴリー 資源量
(百万t)
U3O8品位
(ppm)
Zone 1 概測鉱物資源量 21 527
Zone 1 予測鉱物資源量 126 436
Zone 2 予測鉱物資源量 102 543
  合計 249 N/A
(2009年7月時点、JORC規程に基づく)
参考:http://www.jogmec.go.jp/news/release/docs/2009/pressrelease_100326.pdf
ページトップへ