閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2010年3月31日 サンティアゴ 大野克久

チリ:地震復興資金捻出に鉱業ロイヤルティ引上げは除外される方向か

 3月25日付け一般紙等によると、最終的な判断はFelipe Larrain財務大臣に委ねられるが、政府筋によると、チリ大地震復興資金計画に鉱業ロイヤルティ(鉱業特別税)の引上げは含まれない見込みである。
 政府オンブズマンによると、Laurence Golborne鉱業大臣が依頼した調査で、ロイヤルティ引上げは、国のイメージ損失と比較して、鉱業ロイヤルティ引上げで調達できる資金は極めて少なく、長期的に有効ではないとの結果が得られたことから、同計画にロイヤルティ引上げを含めないとの判断がなされる模様である。
 3月24日に開催されたCODELCO専門職労組との会合において、同大臣は「世界の投資家は、チリは長期的に明確な政策を有し、政治的に安定した国と認識していることから、個人や企業の権利は尊重される」とコメントしている。

ページトップへ