閉じる

ニュース・フラッシュ

2010年3月31日 ロンドン 竹谷正彦

南ア:Lonmin 第一溶鉱炉漏出事故により閉鎖

 Lonmin社(本社:London)は、3月30日(火)に第一溶鉱炉においてマットの漏出事故があり、第一溶鉱炉を閉鎖したことを発表した。なお、この事故による犠牲者はなかった。
 事故を起こした溶鉱炉の復旧には約30~40日を要すると見込まれており、同社では、この事故による影響を軽減するため、2基の乾式溶鉱炉(Pyromet furnace)を既に起動させており、さらにもう1基を4月初旬に投入する予定である。しかしながら、これら追加溶鉱炉の総稼働能力は、第一溶鉱炉の40%程度であり、4月1日以降始まる翌期への影響は、第一溶鉱炉の修繕計画決定後に明らかになる見込みである。

ページトップへ