閉じる

ニュース・フラッシュ

2010年4月5日 ジャカルタ 小岩孝二

インドネシア:PT Antam、FeNi製錬用原料鉱石のPT Incoからの購入を計画

 地元紙等によると、PT Antamは南東Sulawesi州にある同社Pomalaa FeNi製錬所用鉱石としてPT Incoから年間1百万tのニッケル鉱石を購入することを検討している。PT Antamは2008年7月までPT Incoの東Pomalaa鉱山から年間約百万tのサプロライト鉱石を購入してきたが、FeNi減産に伴い購入を取り止めていた。しかし、2010年はFeNiを18.5千t(2009年生産実績12.6千t)に増産する計画であり、さらに同社Pomalaa鉱山の鉱量がほぼ枯渇を示していることもあり、鉱石手当に迫られていた。なお、PT Incoはその鉱業事業契約(COW)上、鉱石輸出は禁止されている。

ページトップへ