閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル リチウム
2010年4月14日 リマ 山内英生

ボリビア:ポトシ県南西部住民、リチウム会社の現地設置などを求めて道路封鎖

 4月12日に抗議行動を開始したNor Lipez, Enrique Baldivieso, Daniel Campos郡の住民らは鉄道封鎖などを継続しており、ポトシ市から450 kmに位置するNor Lipez郡のEduardo Abaroa駅を占拠し、約900人の住民がリチウム会社設置を巡り、憲法371条の遵守を求めている。
 住民側は、リチウム会社に関し経営や操業、技術などを含めた総括的な本社のNor Lipez郡Rio Grandoへの設置をはじめ、ボリビア蒸発資源会社(EBRE)理事会への現地住民組織の参加、鉱業ロイヤルティによる住民裨益や地域の電化推進などを要求しているほか、県行政当局の貧困対策への不満を表しており、公共事業の活性化が約束されない限り、鉄道や道路網の封鎖など強硬措置を継続するとしている。

ページトップへ