閉じる

ニュース・フラッシュ

2010年4月19日 メキシコ 小島和浩

ホンジュラス:鉱業法改正についての審議状況

 4月16日付け業界紙等によると、ホンジュラス議会鉱山委員会(La Comisión de Minería del Congreso de Honduras)は、現在審議中の鉱業法改正について、二つの法案を統合するか、もしくは一つの法案に絞って検討するかを決定することとなる見込みである。法案の一つは、2007年の法案審議凍結以前に、様々な分野の利害関係者によって既に議論され同意が得られていた改正法案である。当法案は1998年から施行されている現行法を限定的に改正するものである。二つ目の法案は、2010年2月に左翼系の民主統一党(Unificacion Democratica:UD)が提案したもので、露天掘の禁止、シアン等化学薬品の使用禁止、鉱区料の引き上げ、資産税の創出等が骨子となっている。

ページトップへ