閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2010年4月19日 ロンドン フレンチ香織

南ア:世銀、Eskom電力公社へ37.5億US$の融資を承諾(続報)

 世銀は4月6日、同国の石炭電力の増強を目指すEskom公社へ、37.5億US$の融資を承諾した。本融資は先ず、貴金属採掘が集中しているLimpopo州で、石炭クリーン利用技術を用いた南アMedupi石炭火力発電所(4,800 MW)を建設するために利用される予定である。世銀は、本融資が、南アの安定的電力供給及び持続可能な経済発展に繋がるよう願っている。
 他方、本融資は、世銀の地球温暖化対策プログラムの一環であるため、米国、オランダ、英国は、本融資に反対する姿勢を示していた。米国政府は、「本融資資金は石炭発電設備の能力増強に利用されるため、気候変動に対する影響を懸念し、また、気候変動の緩和及び適応を先導する世銀の誓約に矛盾している」と批判。また、オランダ政府は、「Eskom公社は石炭代替エネルギーの開発に消極的であるため、適切な案件とは思えない」と発言しており、英国政府は、「本融資プロジェクトは慎重に取り扱うべきで、議論の余地がある」と述べていた。

ページトップへ