閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2010年4月19日 ジャカルタ 小岩孝二

タイ:金山開発再開の動き

 地元紙等によると、工業省一次産業・鉱山局は金山政策を5月中にまとめるべく、検討を進めている。金探鉱は、2007年12月に環境への影響が懸念されるとして人権委員会から停止を勧告され、環境と住民の健康を重視した新政策が検討されてきた。新政策には環境保護基金、リハビリテーション基金、突発事故対応基金が含まれる計画で、ロイヤルティとして2年間の金価格をベースとして7%を予定している。タイでは、現在69件の金鉱業権が発給されているが、新政策策定が予定より2年遅れており、探鉱の停止が余儀なくされている。

ページトップへ