閉じる

ニュース・フラッシュ

2010年4月19日 北京 土居正典

中国:レアアース業協会設立準備は順調

 安泰科によれば、中国工業情報化部による指導及び関連企業の協力により、中国レアアース業協会設立準備が順調に進んでいる。
 レアアース産業には独自の全国的組織がなく、政府・企業間及び企業間の情報交流不足の状態にあり、協会設立は長年にわたる業界の念願であった。このため工業情報化部指導の下、内モンゴル包鋼レアアース(集団)ハイテク株式有限公司、有研希土新材料株式有限公司、甘粛レアアース集団有限責任公司、広東珠江レアアース有限公司、五鉱有色金属株式有限公司、江西金世紀新材料株式有限公司、宜興新威利成レアアース有限公司及び北京中科三環ハイテク技術株式有限公司の8社が共同発起人となり、協会設立の準備作業を進めてきた。包鋼レアアース、有研希土及び広東珠江レアアース3社は人材を派遣し協会設立準備作業を進め、中国レアアース情報ネットHPは情報を発信、中国有色金属建設株式有限公司は事務室及び設備を提供した。
 2010年初め協会設立準備事務所は、準備手順を作成し「工業情報化部 社会団体の管理に関する暫時方法」等関連規定に基づき、協会成立申請資料を春節前に工業情報化部へ提出した。これを受け、工業情報化部は認可申請の審査中であるが、近いうちに認可がある模様。またレアアース企業80社へ会員登録申請書を交付し、現在までの入会希望企業数は76社となっている。また工業情報化部原材料司の依頼により「レアアース月間生産販売状況」を取りまとめ、2月までの生産販売統計を既に報告した。
 設立後、協会は企業間の公正な競争を促進し、企業の正当な権益及び業界利益を確保し、調査研究を行い政府関係部署への合理的建議を提案する。また会員企業への交流の場及び正確な情報とデータを提供し、市場動向を把握する。

ページトップへ