閉じる

ニュース・フラッシュ

2010年4月23日 リマ 山内英生

ボリビア:国境住民ら、抗議行動を一時解除

 4月12日からチリとの国境地帯で道路封鎖などの強行措置をとっていたNor Lipez地域の住民らは、Mario Virreira Iporreポトシ県知事の要請を受け入れ、22日から一時的に封鎖を解除した。
 両者は5月8日(土)にColcha K 村で集会を開催することで合意し、Virreira知事は、環境大臣はじめ鉱業冶金大臣、ボリビア道路管理局(ABC)局長、また、San Cristobal鉱山幹部の出席を約束した。
 スト実行委員会のMario Mamani委員長は、抗議行動が一時的な小休止に入ったとし、5月8日の集会で満足のいく結果が得られない場合は、道路や鉄道の封鎖などデモ再開の時期を見計らわなければならないだろうと述べた。

ページトップへ