閉じる

ニュース・フラッシュ

2010年4月26日 バンクーバー 大野隆幸

加:Goldcorp社、カナダ大手証券会社が格上げ

 2010年4月23日の地元紙等によると、カナダ大手証券会社(以下、証券会社)によれば、Goldcorp社(本社:Vancouver、以下、同社)の現在の同社株式評価は「買い」格付けであるが、これは十分な評価でないとし、「買い実行リスト」に格上げしたと報じた。この背景には、同社のメキシコにあるPenasquito鉱山(以下、同鉱山)に対する評価が大きく起因している模様。同鉱山は、金のほか、銀、亜鉛、鉛も産出し、メキシコの操業中露天掘り鉱山としては最大規模を誇る。同社は、2014年までに金3.8百万oz(約107.7t)を生産することを目標にしており、同鉱山は、今後2、3年はGoldcorp社成長の主な原動力になるであろうと証券加社は観測している。
 また、同社では、2015年か2016年までにはEleonore及びEl Morro金鉱山プロジェクトを通して金の年間生産高を4.5百万oz(約127.6t)まで増産可能と考えている。2016年までの増産目標を達成するためには、同社2009年の金生産高2.4百万oz(約68t)をほぼ倍増(年増産率12%)しなければならないが、証券会社では同社のプロジェクト操業体制を評価、今回の格上げへとつながった模様。

ページトップへ