閉じる

ニュース・フラッシュ

2010年5月10日 ロンドン フレンチ香織

ナミビア:Uranium One社、Paladin社の小数株を買収

 カザフスタンを中心にウラン生産を行うUranium One社(本社:Toronto、TSX & JSE上場)は4月30日、同社の完全子会社であるCheetah Resources SARL社を通じて、Paladin Energy Ltd.(本社:Perth)の小数株(1.4%相当)を買収したと発表した。Paladin社の9.4百万株の買収で、本投資額は37.6百万A$(35百万US$相当)と考えられる。なお、本取引は投資目的で、今後の財政見直しによっては、これらを売却、または同社の株を追加購入する可能性があると、同社プレスリリースでは発表されている。
 Paladin社は、ナミビアのLanger Heinrichウラン鉱山で生産し、2009年4月にはマラウィにおけるKayelekaraウラン鉱山の操業を公式に開始している。業界誌によれば、Paladinの資本規模は24.3億US$であるのに対して、Uranium One社は13.7億US$と小さい。Paladin社は、「本買収に関しては報告を受けておらず、Uranium One社の意図を知らない。」と述べている。

ページトップへ