閉じる

ニュース・フラッシュ

2010年5月11日 サンティアゴ 菱田 元

チリ:CODELCOとAnglo American社が隣接鉱山(Andina、Los Bronces)の共同操業について評価

 4月26日付け地元紙等は、Anglo American社とCODELCOは、チリ第Ⅴ州(及び首都圏州)のLos Bronces鉱山とAndina鉱山の各々の操業を、共同で実施していくことを検討中であると報じた。Anglo American Chile社Miguel Angel Duran CEOはAnglo American社とCODELCOは両鉱山の共同操業についての評価を外注したと述べたとのことである。
 Anglo American Chile社はLos Bronces鉱山の拡張プロジェクト(投資額24億US$)を実施中である一方、CODELCOはAndinaディヴィジョンのPhase Ⅱ拡張プロジェクト(47.5億US$)をまもなく開始する。CODELCO AndinaディヴィジョンのArmando Olavarriaマネジャーは、この評価作業が本年8月までに終了する見込みであると述べた。
 同CEOは、両社は以下の3つの選択肢から選ぶことになるであろうと述べた:1番目は両社が各々の操業を安全に継続するため、各々の拡張プロジェクトの内容を若干変える。2番目は、各々の拡張プロジェクトが完了した後、双方の操業が合わさる部門を等しく分割する。3番目は、両社が共同で担当部門の作業を実施する。
 CEOは3番目の選択肢が最も魅力的で、両社が戦略的協調関係の下、一つの会社としてこれら両部門の操業をフィージブルにする方法を見出すための話し合いを開始する予定であると述べた。CEOによると、既にLos Bronces鉱山とAndina鉱山では用水使用や鉱石運搬等においていくつかのシナジー効果を生んでおり、また、同じ鉱体の開発をシェアできるよう、現場における複数の開発計画策定で共同作業を実施している。

ページトップへ