閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
鉄鉱石
2010年5月11日 シドニー 原田富雄

豪:豪鉄鋼最大手はBHP Billiton、Rio Tintoの鉄鉱石統合に反対

 2010年4月27日、豪鉄鋼最大手のBlueScope Steelは、豪州の公正取引委員会にあたる豪競争消費者委員会(ACCC)に対し、BHP BillitonとRio TintoのPilbara地域の鉄鉱石事業統合に反対する意見書を前週に提出したと地元経済紙が伝えた。2010年2月に同社CEOのPaul O’Malleyは、統合により鉄鉱石供給が複占となり、市場競争が損なわれるとして反対する考えを示していたが、意見書の提出はこの考えに沿ったものとなっている。
 ACCCは、Pilbara地域の鉄鉱石事業統合がBlueScope Steel を始め豪州の鉄鋼メーカーに与える影響について意見書をまとめ、5月末までに判断する予定である。

ページトップへ